お知らせ:お気軽にご相談ください!

相続あるある

こんにちわ!人間は感情の生き物。このまま何もしないとどうなるでしょう!を共に考える米子相続コンサルタント、【日だまり】代表の山根です。

相続問題は、正直、考えたくない問題です。

ただ、避けては通れないことも事実です。

下のケースは、直面する可能性が高いケースになるかもしれません。

士業の方、相続に詳しい方にとりましては即答される問題だと思います。

ただですね、当事者からすれば、例え頭で理解していても、理屈理論では割り切れず、大きな問題に発展するかもしれません。

反対に、何事もなく遺産分割を終えられるかもしれません。

それは「頭」と「心」は異なるからです。

皆様もご一緒に、この下のケースをお考え頂ければと思います。

【前提条件】

・任意の遺産分割協議段階での話であり、調停、審判の段階ではありません。

・遺言書ありません。

・相続税はかかりません。

・生前贈与もありません。

・相続人、遺産も明確な状態です。

※相続発生時、兄と妹の共有状態になるのですが、イメージしやすい様に、あえて「母親と同居面倒をみていた兄が渡す」という意味合いの表現を使用しております。

※相続発生後のもめごとをまとめることが私の仕事ではありません。

相続対策は生前が要です。

お気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次