お知らせ:間もなくご相談お受け付けいたします。

相続?慌てて考える必要ってありますか?

こんにちは!米子の相続コンサルタント、【日だまり】代表の山根です。

とはいえ、もう後、2ヶ月くらいは神戸におりますが(^^;)

相続・・

年齢が40、50、60にもなれば、「相続」という言葉はお聞きになられたことが、おそらくおありではないかと思います。

ネット、テレビ、雑誌などで。

『でも、よく分からないんですよね。相続って。』

そう、おっしゃる通り、正直、よく分かりませんよね。

調べようにも、何をどの様に調べていいものか、分かりずらいものです。

かといって、いきなり何も調べずに税理士さんや司法書士さん、行政書士さん。さすがに士業の先生まで相談に行くのは敷居が高くて。

まあ、そんなに仰々しいものでもないのかな?程度で相続を捉えている方がほとんどではないでしょうか。

先日、友人のお父さんが亡くなったらしく、なかなか大変だと言っていたなぁ。

でもね、それにしては、友達のほとんどが相続のことを話題にしていないし・・。

まあ、そのときが来れば、本でも買って調べればいいんじゃないかな・・。

そう、こうしてズルズルと時間だけが経っていくのでしょう。忙しさにかまけて。

正直、そうなんです。でも、それが普通です。起こりもしていない問題に真剣に対処する人って、そうそういないですよね。

歯の痛みもそうです。歯が痛くもないのにちょっと苦手な歯医者さんに喜んでは行きませんよね。

ただ、病気と同じで、放っておきますとそれが後々大きく影を落とすことになるかもしれません。

同じ親から生まれてきたはずなのに。ご家族同士で感情的になってしまう。

相続争い、いわゆる「争続」。

さすがに、これが起きるとなるとちょっとツライなぁ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる