お知らせ:間もなくご相談お受け付けいたします。

それぞれのご家族、それぞれの背景

こんにちわ!人間は感情の生き物。米子相続コンサルタント、【日だまり】代表の山根です。

人生永く続いたサラリーマン生活が終わろうとしています。

まだまだ、相続コンサルタントのお仕事はスタートこそしてはおりませんが、各ご家庭のご状況をお尋ねする機会がちょこちょこと出てきました。

個人情報はお話できませんので、詳細は記載できませんが、それぞれのご家庭で、それぞれご状況が、人間模様が全く違うという事実を、身をもって感じさせて頂いているところです。

そんなの当たり前じゃないの~!違う家庭環境なんだから。

そう!おっしゃるとおりです。

「それぞれのご家庭で、それぞれご状況が、人間模様が全く違う」

当たり前なんです。

じゃあ、なんで今更、そんなこと言うの?

ですよね!私自身も、「相続に一つとして同じものはない」と耳にしてました。でも、それは一般論として学習として聞いていただけでした。

実際にご相談者様、ご質問者様を目の前にして、生の声をお聞きすると、自分自身に伝わってくるイメージが全然違うのです。

一つ一つリアルに聞こえてくるんです。

自分が今まで生きてきた人生観を超える話をお聞きし、異なった人生観を知ることになります。

私自身、年齢を重ねてきて、お話を自分自身の状況と照らし合わせて、もし、自分が同じ立場だったら、その年齢の時、どう考え、どう行動していたんだろうと、自分自身に重ねて考えるようになりました。

つまり、自分自身を振り返る機会を頂いているんですね。

だから、良い悪いではなく、しみじみとそれぞれのご家庭で、それぞれご状況が、人間模様が全く違うんだとリアルに感じてしまうんです。

「あ~あの頃はオレもキツかったけれど、もっとキツい方もいたんだなぁ。そのとき、私は●●の道を選んだけど、この方はこう生き抜いたんだ!
その底力は、まだまだ小さい子供さんが居たからなんだ・・。
もし、自分が同じ立場だったら・・。」

というような感じです。

各ご家庭の相続を考えると、そのご先祖やご相談者様、ご家族一人一人のご経験、人生観が見えてきます。そして、その一人一人の人生観はそれぞれのご家庭で全く違うのです。だからこそ、ご相談者様の声に真摯に向き合い、ご家族全体のよき方向性を探っていく必要があると私は思うのです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる