お知らせ:お気軽にご相談ください!

お墓参り

こんにちわ!人間は感情の生き物。このまま何もしないとどうなるでしょう!を共に考える米子相続コンサルタント、【日だまり】の山根です。

お盆でもないのに「お墓参り」?

相続のお仕事の合間に、農作業を手伝っています。

農作業といいましても、農業経営レベルなので、広~い田んぼがたくさんあります。

北海道ほどではありませんけど。

その田んぼの中に、その集落の墓地があります。

農作業中、自然と視界にその墓地の様子が目に入ります。

霊園ではありませんし、田舎の一つの集落の墓地で、そんなに大きな墓地ではありません。

そのお墓に、ほぼ毎日、お墓参りに来られている方々がいます。

凄いな、偉いなぁ。先祖を大切にされている様を見て、私自身が恥ずかしくなります。

ほぼほぼ、毎日のようにその様子を見てますと、決まった車が止まっていることに気づきました。

そういった方はお一人ではなく、複数人は確認できました。

お墓を磨いたり、お花を添えたり。

お墓はいつ見てもピカピカです。

おそらく、お墓はご自身の家の一部のようにお考えなのかもしれません。

お盆、彼岸といった時にしか参らない私とはレベルが違います。

私がやっていることは、せいぜい家の中の神棚等に手を合せる程度です。

それ以上、何も出来ていません。

私の場合、お墓は同じ集落内にありますので、お墓参りにお金がかかる訳でも、長い時間を取られるわけでもありません。

お墓参りは、相続、終活を考える上での基本事項かもしれません。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次