お知らせ:お気軽にご相談ください!

全ては思い違いから始まる?

こんにちわ!人間は感情の生き物。このまま何もしないとどうなるでしょう!を共に考える米子相続コンサルタント、【日だまり】代表の山根です。

クリスマスも終わりました。

いよいよ、大晦日に一段と近づきました。

大掃除や年末年始の準備で大忙しではないでしょうか。

ただ、それを阻むかのように鳥取県は昨夜から大雪?雪に覆われています。

私もその最中ですが、先日、伸びた髪が鬱陶しくなり、散髪に行ってきました。

そもそも、私は以前から自分の髪型にさして関心がありません。

不細工な顔に髪型を整えても「焼け石に水」みたいな感覚があります。

そのためいつからか、散髪に行くのは2ヶ月に1回が当たり前になりました。

ですので、散髪の時には、必ず、髪を短めに切ってもらうようにお願いしています。

床屋で言う私の決まり文句です。

「両側、後ろバッサリ!バリカン、5mmで。上も短め自然分けにお願いします。」と。

この日、疲れからか、お願いすると直ぐに床屋の席の上で寝入ってしまいました。

その日も、普通通りにお願いしました。ただ、いつもの方ではありません。初めて見る方でした。

できあがりはいつも通りでした。

当たり前にレジでお金を払おうとしますと・・

請求額が・・

いつもより300円くらい安い!

えっ?も、もしかしてサービス?

お店を出るとき、振り返るとドアの張り紙に大きな文字で

「シニア割引」と。

この「シニア」の3文字が目に突き刺さりました。

「年齢提示なんかしてないけどなぁ。見た目には明確にシニアに見えるんだ。まだちょっと早いんだけど・・。」

わずかに浮いたからいいかなぁ。

嬉しいけど複雑な気持ちになりました。

大したことではありませんが、初めての出来事でちょっと。

数日後、気になりその店のホームページを見てみると、シャンプー抜きの大人代金だったことが判明しました。

「あ~そういうことか、初めての理容師さんで、シャンプーをお願いしてなかったんだ。寝てたから。」

請求された代金は、シニア料金ではなく、シャンプー抜きの大人料金でした。

全く私の寝ぼけた勘違いでした。

ちょっとした思い違い、勘違いからミスって始まるんだなと。

そして、時間の経過でその思い違い勘違いが思い込みになり、その程度が強くなり、最後には修正がきかなくなるのかなと。

争いの原因にもなりかねません。

あれっ?と思ったら確認は必要ですね。

ちなみに、その後、この店に上着を忘れるという失態をやらかしました。相当、寝ぼけていたんでしょう。

今回は笑い話、でも、気をつけたいものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次