お知らせ:ご相談、お受け付けいたします。

相続コンサルタント 始めました!

こんにちわ!人間は感情の生き物。このまま何もしないとどうなるでしょう!を共に考える米子相続コンサルタント、【日だまり】代表の山根です。

ご報告が遅れましたが、令和3年7月1日、相続コンサルタントとして開業いたしました。

思えば相続の学習をして・・何年?

独立なんて夢のまた夢。というか開業自体考えもしておりませんでした。

始まりは何の気なしに受けたFP3級の資格試験から。

FP2級の学習していた頃だったでしょうか。本当素直に、こう思いました。

土地ばかりあって預貯金が少ないご家庭の相続はどうすればいいのだろう?
これって、田舎はほぼほぼこのパターンじゃないの?

あれから何年経ったのかな・・?

いよいよやるぞ!と決め田舎に帰り起業するも・・。

『”相続コンサルタント”ってどんなお仕事ですか?』

の決まり文句。

税務署に「開業届」を提出する時も「新しい仕事ですね。どのようなお仕事ですか?」と尋ねられ、銀行も商工会も同じように尋ねられました。

もうこの問いがどこに行っても、多い多い!100%!というかこれほどまでに知られていない職業なのかと!

身内にそう父親に説明しても「なんだいや、そりゃ?変なことす~(する)のは止めてごせやい(止めてくれ)!」と言われる始末。

次の返しの言葉は、みな同じ『司法書士さんとどう違うの?』と。

分かってますって!みな、心の中で「あやしい!」と思われているか、「どうせそんなもん・・。」で・す・よ・ね(^^;)

そう、私自身もそう思ってましたから。

ただ、今はご相談者様はもちろん、士業さん、保険業者さんなどなどに、プラスになるお仕事と確信しています。

それもそのはず、

そもそも相続コンサルタントって、名乗っている人の間でも定義が異なっているのです。定まっていないのです。

ですので、一般の方がご理解されているわけが無いのです。

ということで、再度、私、山根自身が定義しております相続コンサルタントとはなんぞやをごくごく簡単に申し上げます。

私、山根が定義しております相続コンサルタントとは

『ご相談者様の悩みや困りごとの相談にのり、

想いやご希望をお聞きし、隠れた問題点を明確にして

その問題点を解決するべく、各専門家と協業し

ご相談者様はもちろん、できる限り、そのご一家にとって最適な状況になるべく

サポートしていくことを定義としております。(令和3年7月5日現在)

決して行政書士さんや司法書士さん、もちろん、税理士さんを真似た「士業のような仕事」が目的ではありません。

もちろん、一般的な相続に関するご説明は致します。

ちょっとここで具体的な例をあげてみます。

例えば、父親の相続で相続人が配偶者と子供一人のケースで、相続セミナーで「相続放棄」を学ばれたその子供さん(A)が、「一人っ子の私が相続放棄すれば、苦労してきたお母さんに全財産がいき親孝行できる!」と思い込まれました。

すぐに司法書士さんに「相続放棄」の手続きを依頼されました。ところが、この度亡くなったお父さんの両親は既に他界してましたので、相続はそのお母さん(配偶者)と亡くなったお父さんの兄弟に、しかも既に兄弟の一人が亡くなっていたのでその子供(甥姪)にまで相続人が拡がり、手続きが複雑になりました。でも、司法書士さんは依頼者Aさんの言う通りに仕事をされただけです。

ところが、その相続放棄をすることで相続順位が変わってしまったのです。そんなことAさんは知りませんでした。お母さんは、お父さんのご兄弟、および、甥姪と遺産分割協議が上手くいかず、その期間、財産凍結。その後、Aさんとお母さんの仲は険悪になられたとのことです。

相続前に家族内での話し合い、Aさんや、Aさんのご家族状況を知り、相続のことを相談できる方が身近にいらっしゃっていれば、こんなことにはならなかったと思います。その身近に相談できますのが相続コンサルタントです

ほかの事例ですと、「遺言書」を作成するも、作成支援する方が、遺言者本人の気持ちばかりに耳を傾けられ、遺言者は大満足!ところが、相続人の気持ちには目を向けられなかったのです。「遺言書」を記載する手続き自体、何ら問題ありませんでした。ただ、この「遺言書」が元で相続争いになりました。「遺言書」の付言事項(相続人に対する気持ちを記載する部分)の書き方もありますし、生前の家族内の話し合い不足とも言える、相続人を蚊帳の外に置かれた姿勢が原因のようです。相続の当事者は一人ではないケースが多いのです。

相続前に家族内での話し合い、遺言者のご家族状況を知り、相続のことを相談できる方が身近にいらっしゃっていれば、こんなことにはならなかったと思います。その身近に相談できますのが相続コンサルタントです

ほんと、世の中、驚くことがたくさんあります。送られてきた遺産分割協議書の送り状に、「相続人みなさんの協議により」と記載あり。法定相続人である血族の子供さん本人は、「一度も話し合いなどしておりませんよ!」と。私自身、本当に驚いた経験があります。

ほんと、「事実は小説よりも奇なり」です。

上記のようにご相談者の方と専門家との間はもちろん、ときには、ご相談者とご相談者のご家族の中に入り家族会議を支援するのが、私の仕事です。そのなかでも相続発生前、生前対策が主になります。相続発生認知症になられてからでは策を打てないケースが多いからです。

相続後に期限が決められて焦られてお話し合いされるより、生前に家族内でしっかり話し合い、問題を明確化して方向性を定められてから、行政書士さん、司法書士さんなどの士業さんや保険、不動産業者さんに依頼されても遅くはないのではないでしょうか。

その生前に家族内で話し合い(家族会議支援®)問題を明確化して方向性を決められて」相続コンサルタントが第三者として、お力添えさせて頂きます。そして、更に、相続に強い、専門の士業さん、不動産業者、保険業者を探し協業していくのも私の仕事です。

今後とも、宜しくお願い致します。

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ 詳しくはこちらもご確認ください。

あわせて読みたい
相続コンサルタントとは? 私が定義します【相続コンサルタント】とは・・? ご相談者様の悩みや困りごとの相談にのり、 想いやご希望をお聞きし、隠れた問題点を明確にして、 その問題点を解決す...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる