お知らせ:12月9日(木)大山公民館、16日(木)名和公民館にて、相続基本セミナーを開催いたします!

相続コンサルタントとは?

私が定義します【相続コンサルタント】とは・・?

ご相談者様の悩みや困りごとの相談にのり、

想いやご希望をお聞きし、隠れた問題点を明確にして、

その問題点を解決するべく、各専門家と協業し、

ご相談者様はもちろん、できる限り、そのご一家にとって最適な状況になるべく

サポートしていくことを定義としております。

相続コンサルタントってなに?

① 初動でご相談者の本当の相続問題を明確にします。

例えば、ご相談者様が「相続税」がご不安で私のところにいらっしゃったとします。

初めから「相続税」にしぼった話をせず、ご相談者様の背景からお尋ねして参ります。まずはお聞きすることが主になります。「こんな話は関係ないかな」、「相続知識ないから」、「おかしなこと聞けないし」なんて思われる必要は全くございません。

脱線話上等です。隠れた問題を見つけることができるケースがあるからです。

例えば、「相続税」はかからないのは分かったけど、新たに相続人の数が判明したり、土地の名義変更が焦点だったり、将来的にある相続人の方に多めに遺産を移す計画が必要だったりと、新たな問題を発見できたりします。

他の実例で言いますと・・、ご相談者様の本心では仕事上で何十年もご相談者様に尽力されてきた他人のAさんに相続させたいけど、法定相続人ではないから、相続できないと勝手に思われて、複雑な関係の法定相続人に相続するには?なんてご相談の場合、よくよく話し込まないと隠れた真の問題点は浮上してきません。

初動で一面だけで見て判断すると、隠れた問題点が潰される、または、後々、隠れた問題点が噴出するかもしれません。

② ご相談されるべき専門家にご相談できます。

ご相談者様が「相続税」がご不安で仕方ないとおっしゃいましても、実際に「相続税」が全くかからないケースであるのにもかかわらず、税理士さんとのご相談は適切ではありません。仮に土地に関する相続問題でしたら、司法書士さんや不動産会社さんとの協業が要になってきます。ご相談されるべき専門家と一緒にフォローさせて頂きます。

③ 同じ士業種でも「相続」を得意としている士業の方とご相談できます。

例えば、税理士さんを考えます。当然、税理士さんは「税」に関する専門家です。ところが、「相続税」案件は税理士さんに取りまして、年数回ある程度です。つまり、「相続」を専門にしている税理士さん自体が少なくなります。

ということは、ご相談者様がせっかく探された税理士さんが「相続」が専門でない方になるケースも考えられます。相続コンサルタントは「相続」に詳しい税理士さんと協業をしていきます。

④ 各専門家同士の調整を相続コンサルタントが進めることができます。

ご相談者様だけで相続問題と向き合って行かれる際、各専門家お一人お一人に、ご自身の状況を正確にお伝えしていかなければなりません。そして、ご相談者様ご自身で各専門家の方々との横の連携を図っていかなければならないケースもあります。相続コンサルタントがいれば、各専門家同士の調整を図れます。

⑤ 専門家が話す言葉が難しい場合、ご相談者様にわかりやすくご説明させて頂きます。

専門家の方の中には、話の流れから何気なく専門用語を使われる場合があります。ただ、ご相談者様にとりましては、初めてお聞きになる言葉になるかもしれません。そうなると、話の途中で「?」マークがついたままで話が流れます。すると、それ以降、頭の中に話が入ってこなくなるかもしれません。

専門家とのお話の際に分からない単語など出てきましたら、ご遠慮なく相続コンサルタントにお尋ねください。

⑥ 【超重要】ご相談に来られた方だけのお声をお聞きすることは致しません。必要であれば、ご相談者様のご一家にとって最適な状況になるようにサポートして参ります。

まずは、ご相談者様の声をお聞きすることはもちろん、可能な限り、ご相談者様のご家族の方々にも共通した認識をお持ち頂くことが私の考える相続コンサルタントの仕事です。なぜなら、相続は相続人の方々”全員が当事者”だからです。

私の定義しております”相続コンサルタント”は『家族会議支援®をいたします。

※ 永年の軋轢(あつれき)が生じている家族関係を修復する意味ではございません。ご一家の皆様に相続に関する共通認識をお持ち頂くことを意味しております。

例えば、お一人のご相談者様だけのご相談をお受けし、その方からのみ考慮した「遺言書」は、後々、揉める可能性を含んでいます。揉めないまでも、遺恨を残す原因になります。

『木を見て森を見ず』こんなことにならないようにフォローさせて頂きます。

なお、”相続発生前”のご相談が中心になります。

以上が、私が定義しております【相続コンサルタント】です。

お気軽にご相談ください。

●相続コンサルタントの立ち位置●

私には一切の業者間のしがらみがありません。
常に中立的な立場で客観的に俯瞰(ふかん)することが可能です。

建設業者や不動産屋さんにまれにある、土地活用ありきの相続対策は致しません。

保険屋さんにまれにある、手数料ありきの相続対策は致しません。
ただ、保険は大切ですので、本当に有効な保険でしたら検討は致します。

同じ士業さんのご紹介でも、”相続”専門の士業さんへのおつなぎを検討いたします。

相続コンサルタントのイメージ図