お気軽にご相談ください

ちょっと驚き 車検証

こんにちわ!人間は感情の生き物。このまま何もしないとどうなるでしょう!を共に考えるファイナンシャル・プランナー【日だまり】の山根です。

皆さん、既にご存じだとは思います・・・

私はほんのちょっと驚きました。

同級生の車修理店主に尋ねたら、そうだと。(^^;)

令和5年1月4日から車検証が電子化されていました!

以下、国土交通省 電子車検証 特設サイトより文章・画像、抜粋

電子車検証の仕様

①サイズは、電子車検証はA6サイズ相当の厚紙にICタグを貼付したものになるそうです。

②記載情報の変更

電子車検証では、記載事項の変更を伴わない基礎的情報(A)のみの記載だけらしいです。

その他の車検証情報は、なんとICタグ(B)に格納されているとか。

この情報は、ICカードリーダや読み取り機能付きスマートフォンで参照可能のようです。

③ICタグ格納情報

●券面非表示事項(ICタグのみ)

自動車検査証の有効期間
使用者の住所
所有者の氏名・住所
使用の本拠の位置
帳票タイプ

★ほか情報は、こちらでご確認下さい⇓
国土交通省 電子車検証 特設サイト

電子車検証特設サイト
電子車検証について|自動車所有者・使用者の方へ|電子車検証特設サイト 電子車検証の特設サイトです。自動車所有者・使用者の皆様に向けて電子車検証の仕様について掲載しています。

軽自動車

令和6年1月から、軽自動車についても、電子化された自動車検査証(電子車検証)の交付が始まっているそうです。

※ご参考になさってください⇓
軽自動車検査協会

ちなみに家にある車と軽トラを確認しましたが、乗用車は令和5年以前の車で、軽トラは昨年秋に購入したので、以前の車検証でした。
実参考にはなりませんでした。

【追記です】
車旅、車の快適化、車中泊の記事でたくさん投稿されている、はてなブログ名:えっさん(fwss)さんのご指摘で、さらに調べて見ますと新たな事実が!

2023(令和5)年7月3日から、車検シールの貼り付け位置にも変更があり、「運転者席側上部で、車両中心から可能な限り遠い位置(前方かつ運転者席から見やすい位置)」になったそうです!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次