お知らせ:ご相談お受けいたします。

私は大丈夫だと思ってました!

こんにちわ!人間は感情の生き物。米子相続コンサルタント、【日だまり】代表の山根です。

先日、相続関係のメルマガにて「還付金」詐欺の話題が載ってました。

そんなの「だまされないだろう」なんて内心思われてませんでしょうか?

相続後、すぐの方にとっては、やること、分からないことがいっぱいで、心は穏やかでない状態です。つまり、冷静ではない状態が続いています。
分からないことばかりで、ついつい、「お願いします」とお任せが普通になり、自ら考える段階に至らないご状況だと思います。
まして、ご年配の方なら・・。

そんな状況で「還付金」があると、突然聞かされたら・・何も疑うこともなく、

「そうですか、でしたら御願いします・・。」になりませんでしょうか。

簡単に言うと、流れはこんな感じだったそうです。⇓

1.「ご主人の還付金があります」と奥様の”携帯”に電話が入る。(携帯?どこで調べたんでしょう。)

2.すぐにATMで手続きをするようせかされ、口座のある銀行ではなく、”コンビニ”に行くよう指示される。(コンビニ?ここで完全に怪しい!)

3.ATM操作も指示される。(ここで完全に怪しい!)

4.振り込み指示。 (還付金があるのに振り込み?!)

5.警察に連絡。

6.銀行口座凍結。

7.捜査開始。

8.還付金を取り戻し手続き 。

9.その後の予定がこちら⇓

・書類が出来上がるのに3、4ヶ月かかる。
・その書類に署名捺印し、受取口座を記入する。(いくら返ってくるか分からない)
・そのお金が入金されるのに最初の手続きから10ヶ月くらいかかるかもしれない。

いくら返ってくるか分からず、時間もかかる状況に本当に驚きました。

「いやいや、私なら引っかからないね。大丈夫。そもそもまだ若いから!」

内心、そう思われている方もいらっしゃるかもしれません。

特殊詐欺は様々な形で攻めてきます。突然に。そう突然に!

「鳥取県警察」のネットページにこのような記載がありました。

上記の「還付金詐欺」。やはり一番に記載されてました。

次に、ココですよ。ココ!

【要注意】年代に関係なく被害が発生!!

通称サポート詐欺未納料金請求詐欺(例:NTTファイナンスなど企業をかたる詐欺)の二つが多く発生!!

実は・・私も危ないところでした。

私が受けた実際の手口はこうでした。今年4月末。

1.起床してすぐに普通にネットを閲覧。仕事ということもありました。頭はまだはっきりしてません。

2.ほんと突然!突然にです!画面がフリーズ!

ポップアップ警告が画面ど真ん中に出てくる。消えてはまた出てくる。
この時点で請求金額●●円と出れば、あ~詐欺だなとすぐに分かりますが、内容はこんな感じだったと記憶してます。

「このパソコンは「トロイの木馬」というウイルスに感染しました。除去するには至急マイクロソフト社に連絡してください。」と。

しかも、この画面、なかなか消えない。電源消してもまた出てくる。

しかも、しかもです。
「ビー、ビー、ビー!このパソコンはウイルスに感染しました。至急、マイクロソフト社に連絡し対処してください」という主旨の日本女性アナウンスが部屋いっぱいに鳴り響きます。
起きて間もない時間帯だったため、情けない話、動転してしまいました。

いかにもマイクロソフト社のマークぽいし、早朝でNTTセキュリティの電話相談窓口の問い合わせ時間帯ではなく連絡が取れないし、仕方なく右下にでているマイクロソフト社と記載されている電話にかけると、たどたどしい日本語で、「修復作業は無料です。PC修復するのにリモート作業をしなければならないです。無料ですがどうされますか?」
こうして、決して強引ではなく、こちらの意思も尊重する体で確認してきました。
私が、「よく分からないし、リモートだから勝手に操作されても困るので、一旦電話切ります。」と言うと、あっさり「ご自由です。」と言ってくる。あれっ?本当のマイクロソフト?と勘違いしてしまう。
マイクロソフトという世界的な大企業だから、という勝手な思い込みで外国人でも疑わなかったこともありました。

早朝なので、誰に相談していいのか分からない。
未だ大音量で大嘘アナウンスが鳴り響いている。
結局、再度、その電話番号にかける。

なぜかリモート作業に持って行こうとされる。修復するには仕方ないと思いつつも、画面がどう見てもマイクロソフト社ではなさそう。
以前、仕事していたセールスフォースの画面が出たとき、完全にあれっ?と思い、NTTなどの問い合わせ可能時間帯になってきて、まずはNTTに相談しようと思い、きっぱり断りました。

調べてもらいましたら、ウイルスには全く感染していないことが判明!
詐欺だと思いました。
そしたら、マイクロソフトもどきの輩から再度、電話があり、たどたどしい日本語で修復代云々と。


「無料と言ってましたでしょ。修復も何も、そもそもウイルスに感染していません!お断りします!」と電話切るも何度も電話がかかってきました。(完全に詐欺だと断定)
容赦なく電話線を引き抜き、呼び出し音が鳴らないように処置しました。
幸か不幸か、その日、引っ越しのため電話番号を解約するまさにその解約日だったのです。

私は被害者になりそうになりました。

ほかの特殊詐欺では、中国籍の方に対し、中国大使館などをかたって電話をかけてくる詐欺もあるそうです。

特殊詐欺は本当に巧妙です。
 
いつ降りかかるか分かりません。

「注意してください」と言うのは簡単です。それより・・

焦ったときは自分一人で解決せずに第三者に相談してから、それから対処しても遅くないということが解決策かもしれません。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる