お知らせ:間もなくご相談お受け付けいたします。

引っ越しって、こんなに大変でしたっけ?

こんにちわ!人間は感情の生き物。米子相続コンサルタント、【日だまり】代表の山根です。

地方の鳥取では関東、関西からの観光、帰省、引っ越しされる方に対して、口に出さなくてもコロナ感染に非常に神経質になられているようです。神戸市もその中の一都市に該当するようです。

私もその中の一人。さあ困りました。「平熱ですし、元気です!」と言いましても証明ができません。どうしましょう・・。

私の親を含め、他人目線でも、やはり、「感染していない」確信があったほうがいいに決まってます。公的な免罪符は必要かな~と。

仕方ないなぁ。検査を受けるしかないか・・。神戸を出る日に検査してもらおう!

でもなぁ・・コロナ陽性だったら、保健所に即、通達されるらしい。名前も登録されるらしいしなぁ。もし、ダメ(陽性)だったら、どうしよう・・。引っ越しどころでは無くなるなぁ・・。一発勝負か!でも、受けないとなぁ・・。

朝、8時半前検査開始! → 13時半ごろには結果出ますから → 「陰性でした!」報告あり!助かった!!

コロナ検査結果

そんなこんなで生まれ故郷に帰ってきました、鳥取の大山町(だいせんちょう)というところに。

引っ越し業者が大きなトラックとともに、細い田舎道に入ってきました。

到着とともに、荷台の中から、出るわ、出るわ!引っ越しの段ボールが!引っ越し前に廃棄したと思ってましたが、これほどまでに多かったとは!呆然となりました。

段ボールの山々。段ボールの中での生活。あっという間に段ボール屋敷に。

毎日が荷物整理、食料の買い物、親と同居のため家族全員の食事準備・・。転入届はできた!会社から書類が届いてないから、保険証も年金も申請できない。

銀行の住所変更手続き・・。●●信金、待つこと1時間半。待ってる間に寝てしまってました。待たすなぁ!

おかげで、仕事が思うようにできない!!いや、全然できない!やばい!パソコンのプリンターが動かない!

引っ越し以外のことは、何も考えられない状態に!

という訳で、あっという間に10日が過ぎ、引っ越しの後始末の85%ができたかなっていう感じです。

友人に会えたのが、帰ってから1週間経ってから。

実は、転入届は完了したものの、未だ社会保険、年金の手続きが未だなんです。そろそろ離職票とか送ってくださ~い!

本当に疲れました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる